セフレサイトで信頼を得るメールテクニック 2016年6月9日

セフレサイトで信頼を得るメールテクニックは一体なんなのでしょうか。まず、セフレというものをしっかりと理解していただきたいです。セフレサイトにもいろいろな人たちがいる訳です。本当にセフレを求めている人たち。その中にも時期が来ればセフレから、セックスの関係になっても構わないと思っている人たちもいます。ちょっと興味本位でセフレサイトに侵入して来た人もいらっしゃることでしょう。そして、全然セフレ目的ではなく、相反するセックスフレンドなど求めてセフレサイトに入ってくるような人たちもいます。だから、そういう人たちをかき分けてあなたの理想に叶ったセフレを見つけるのもなかなか難しい話しなのです。かと言ってセフレサイトではなくて、他の場所にセフレを求めに行くかと言えば、やっぱりセフレの相手探しはセフレサイトなのです。

私達はセフレサイトで私達の求めているセフレとそうでないセフレを区別する必要があります。疑わない人たちは全員メール届くセフレを信用してしまうかもしれないですよね。しかし、そういう立ち位置は決して正しくありません。結果、あなたはあなたに合ったセフレなどに出会うことも出来ないでしょう。そういうものなのです。セフレサイトと言っても、いろいろな人たちが侵入している可能性がある以上、「疑う目」というものをしっかりもって、セフレのメール文を疑っていただきたいのです。セフレとは、ロマンチストなのです。やっぱり外向的というよりも内向性の人たちが多く、メル友の延長線上にセフレがあるのです。文学少女、文学少年のイメージもセフレには大きいですね。

本当のあなたに合ったセフレは、メールを繰り返せば段々とと判ってくるものです。それは、あなたにあったセックスフレンドを求めるよりもメール文で比較的しやすい行為なのです。相手のセフレになりたい気持ちは、セックスフレンド以上にメール文で気持ちを伝えやすいですよ。文章でフィーリングは伝わるのです。ロマンチストと言ってもいろいろ種類がありますし、表面的ロマンチストなど段々とメール文重ねていくうちにバレてしまうものです。例えば、あなたがジャンクリストフが好きで、相手のメール文からジャンクリストフが引用が出てきたら嬉しくなってしまいますよね。そういう人と会いたいと思うことでしょう。そして、ジャンクリストフの感想などがあって、非常に的を得ていたとしたら、もうその人が、私の会いたいセフレだと判断してもほぼ間違いないのです。

セフレサイトで信頼を得るメールテクニック はコメントを受け付けていません。

セフレサイトでのプロフィールの書き方

私達の現代社会は非常にセフレサイトばやりです。サクラの存在などなんだかんだ言われていてもやっぱり私達はセフレサイトを必要としているようです。セフレサイトがあるから私達はより私達の特化した嗜好をも実現出来るようになったのです。例えば、セックスフレンドという言葉結構昔からあった訳です。しかし、セックスフレンドという言葉が頭にあったとしても決して今までの世界だったら、セックスフレンドという相手を見つけることが出来ませんでした。セフレサイトがあるから、セックスフレンドという相手を見つけることが出来るようになった訳です。本当に私達の現代社会はセフレサイト様々なのです。

そして、私達のセフレサイトの中に新しい特化した世界が誕生しました。セフレサイトです。なぜ私達はこの現代社会でキス友を求めるのでしょうか。それはなぜセックスをしなければいけないのかを考える必要があります。セックスって本当は、本能絡む生殖行為ではありませんか。しかし、みなさんいちいち生殖行為のもと一生懸命セックスに励んでいるでしょうか。それを愛と言う人たちもいらっしゃるかもしれませんが、幻想であり、嘘です。セックスと愛が結びつく具体的理由など何もありません。ただみなさん性の快楽を楽しんでいると言ってもいい訳です。そういう快楽を否定する、受け入れることの出来ない人たちがいても当然なのです。セフレサイトを求めている人たちは快楽を求めない人たちなのです。セフレサイトを求めている人たちは、ロマンチストなのです。セフレサイトを求める人たちの方が全然「恋」を求めている人たちだと思いますよ。

セフレサイトでのプロフィールの書き方 はコメントを受け付けていません。

セフレサイトのサクラの被害とは

いきなりですが、結局のところ、セフレサイトにもサクラがいるという話です。全く、嘆かわしい話しであり、これがセフレサイトの限界かもしれないですよね。いくらセフレサイトの運営会社が頑張っていたとしても、客のふりして、サクラは侵入してくる訳ですから仕方ないのです。

ただ、私達はそういう存在をうざったいと思うものの、サクラも巧みな技を使ってくる訳ではなくて、極々見分けつく単純な存在なのです。第一、サクラにとっては、このセフレサイトか、人妻専用掲示板か区別つかずにメール文送っている可能性だってある訳ですからね。まさにそういうメール文が返信されてきても流石に私達は判る訳ではありませんか。相手のサクラとは機械の可能性だってある訳です。

私達はセフレサイトはそういう存在であると知って、この相手はサクラではないのかという疑い方をしながら、セフレサイトで本当のセフレを見つけるという行為をしなければならないのです。そんな面倒くさい・・・、ならばセフレサイト利用しない方がいいと考えるかもしれません。しかし、みなさん、しっかりとサクラを見極めて、セフレサイトで本当のセフレ探していらっしゃるようです。それは、田んぼで稲育てる感じです。田んぼにはて蛙や、トンボや、蝉の死骸や一杯ある訳ではありませんか。しかし、私達はそれを排除して、しっかりと稲を育てているのです。

なかなかセックスフレンドをセフレサイトで見つけることの出来ない人たちが皮被ってこういう場所に出没している可能性もあります。そういう人たちもセフレにまで持ち込んだら、そのままセックスにもつれこんでも決して相手は抵抗しないと考えているのです。セフレとはいわば、セックスフレンド求めている人たちにとっても、会うということまでは確約されてとても都合いい存在なのです。キスと一体どこでするのでしょうか。やっぱり自宅の一室でということになります。セックスしたい気持ちと、セフレの留まりたいすれ違いが起こっても当然です。儲け主義の悪徳業者よりもかえって心配しなければならない被害とはセフレにとってこっちの方なのです。

セックスフレンドはなかなか我慢出来ない人たちです。だからセフレの人たちは、セフレに至るまでじっくりとメール文で確認しあいたいものです。

セフレサイトのサクラの被害とは はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 気を付ける事

セフレと避妊してますか? 2015年11月19日

セフレとセックスをする時、快楽を求めるあまりに避妊を怠っていないでしょうか。女性の生理周期で妊娠の確立が低い日にセックスしたり、膣内で射精しない、ピルの服用などでごまかしていたりしませんか?

一般的に高い避妊率を誇るコンドーム着用が必須です。
性病を事前に防ぐこともできますし、妊娠を目的としないのであればセックスをすることにおいて必需品です。

中には一夜限りの関係や、長期的なセフレ関係を築いている人もいるでしょう。
そのような相手に避妊をしっかりとしておかなければ、下手をすると人生が大きく変わってしまう恐れもあります。

妊娠とは子を宿す「新たな命の誕生」です。
生を授かった子どもには何の罪もありません。
望まない妊娠は子どもからすれば悲しい事実となるでしょう。

産まないという結論にいたれば中絶という選択になります。
女性として大きな傷を心に負ってしまいますし、心だけではなく身体的な傷跡も残り、本当に妊娠したいと思った時の障害になります。

逆に男性側が望まなくても、女性個人が産むことを決心する場合もあります。
シングルマザーとしてやっているけるでしょうか。

大人として責任を持てるのであれば問題はありませんが、
快楽だけを考えたセックスをするのではなく、お互いの将来も考えた先のセックスも考えましょう。

セフレと避妊してますか? はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 気を付ける事

こういうプロフィールの女性はセフレにしない

■危ないプロフィールとは?

出会い系サイトには様々な魅力のあるプロフィールを書いている人が多くみているだけで目移りしてしまいます。
中には過激な内容でエッチしたいのがわかる女性もいます。
ですが、男性を誘い出すような内容のプロフィールだと何か悪いことを考えている可能性があります。

「すぐに会いたい」「サポートしてくれたら何でもします!」というような内容は胡散臭いです。
出会い系サイトを利用する前には「絶対に騙されるものか!」と思うでしょうが、実は利用し始めると判断しづらくなってしまいます。
多くの女性が出会いを求めてプロフィールにアピールしているためか、怪しい内容でも本物の女性だと錯覚してしまうのです。
そんな時は、一旦冷静になり無視するようにしましょう。

■女性には執着しないのが安全だったりする

プロフィールで怪しい内容を書いている女性はまだまだ良心的な分類といえます。
というのも、普通の会員になりすまして、一定期間、普通にメールをして関係を築く女性がいるためです。
彼女たちは、ハマりやすそうな男性利用者を見つけると、アプローチをかけ返信をまち、男性がメールを返すと、エッチ出来そうな素振りを見せて男性がハマるのを待ちます。
そして、いざ出会ってエッチが出来ると思った所で、お金の相談をしてくるのです。
男性からすれば、メールのやり取りをして関係を築いている以上、話を真に真に受けてしまいやすいものです。
そんな時は、恋人になったわけでもないので、相手に執着せずに違う女性を探すようにしましょう。

■金銭を要求されたらその女性は諦めよう

実際に会ってエッチして、念願のセフレをゲットした!と喜んだとしましょう。
ところが、最初のエッチが終えてから、急に彼女が「親が倒れてしまってお金が必要なの」等と言いはじめたらどうしますか?
初めてできたセフレなので、思い入れもある存在ですから、ついお金を渡してしまう人もいるのではないでしょうか?
さすがにここまでする女性が稀ですが、過去に数件報告されています。
元々は悪意などもっていなかったのに、男性の経済力に目が眩んでお金をまた貰うと考えている人もいるかもしれません。
どんな理由があったとしても、セフレにお金を払うことは、売春に近い行為なので避けるようにしましょう。

こういうプロフィールの女性はセフレにしない はコメントを受け付けていません。